ウクレレ・ギター・うたうたい・泣き笑い Jukeオカヨシ 日々雑感

okayoshi.exblog.jp
ブログトップ

2012年 02月 14日 ( 2 )


2012年 02月 14日

多謝!2/18 矢田アイナLIVE 満員御礼!!

以前より告知させていただいておりました「2/18(Sat) 矢田アイナLIVE」ですが、
おかげさまで、満員御礼!!
・・・予約のみで満席となってしまいました。

当日みえても入店できませんので、あしからずご了承くださいませ。

早々にご予約いただいた皆様方、本当にありがとうございました。
そして、「お問い合わせ~お詫び」となってしまった皆様方、ごめんなさい。

取り急ぎご報告させていただきました。

d0147980_2284665.jpg
[PR]

by oka-yoshi-music | 2012-02-14 22:01
2012年 02月 14日

誰も自分自身の“今”を客観的に見ることはできない。

誰も自分自身の“今”を客観的に見ることはできない。
当たり前だけど、鏡でも使わなきゃ、自分の姿は見えない。
(それにしたって左右逆だし)
ありのままの自分って、一体どこまで知ってるんだろう?

この服は似合ってる?
髪形は似合う?
車の運転はスムーズ??
並んで歩いてる二人の姿はイイ感じ??
Liveステージでの立ち振る舞いはサマになってる??

・・・客観的に今の自分を見ることなんて出来ない。

僕らが知ってる自分自身って結局のところ、
他人からの評価や情報であったり、
過去のさまざまな記憶であったり、、、

「サードアイ」が欲しいなぁ・・・って思う。
十代の頃から常々考えてきたこと。
Third Eye=第3の目・・・第三者的見地とでも言うのかな。
「自分の頭上3メートルにもう一人の自分が見てる」って想像する。
そう、死ぬ瞬間に誰もが体験するという“幽体離脱”の世界。

実は昔から結構トレーニングしてきた。
でも、感情的に未成熟な僕はいくつになっても上手く出来ないんだけど。。。
そんな風に意識を持つと、今の自分の立ち振る舞いを客観的に見られて
色んな新しい気づきがうまれるかもしれない。

でも、まだまだ人生修行中の身。
サードアイも持ってない。

瞬間瞬間の自分自身のコトは、やっぱりよく分かってない。


そんなコトを考えると、僕自身が知っている自分なんて、
きっと氷山の一角にすぎないんじゃないかと。

潜在意識の奥底には、まだまだ僕自身の知らない僕がいて、
そこにはあらゆる可能性が潜んでいるのかもしれない。

当然、それは他人に対しても言えることで・・・

だったら僕らは、“知ったかぶり”をしちゃいけない。

自分にも他人にも“知ったかぶり”をしちゃいけないんだ、と思う。
僕らは多くのことを知らない・・・だから生きてく・・・謙虚になれるよね。



朝イチでクルマに乗り込み、折込チラシ持ち込みに新聞店を巡り、
小銭を集めて灯油を買いに行った道すがら、
そんなコトを延々と考えている【St. Valentine's day】の一日の始まりなのです。。
[PR]

by oka-yoshi-music | 2012-02-14 09:07