ウクレレ・ギター・うたうたい・泣き笑い Jukeオカヨシ 日々雑感

okayoshi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 29日

“share”って言葉

“share”(シェア)というフレーズを最近よく使う。
Facebookでは当たり前に毎日ふれる言葉。

シェア=分け合う・共有。

これって、この先ホントウに重要なキーワードだと思う。

僕は「世界はゼロサムゲーム」って考えてる。
総和=0(ゼロ)なんだ、きっと。

この世界に「成長し続ける」なんてことあるのか?
この社会が「発展し続ける」なんて幻想じゃないのか?

賃金が上がり続ける・・・?・・・それって貨幣価値が下がっていくんじゃないのか??
会社がどんどん大きくなる・・・?・・・全ての会社がそうなるわけ??
じゃ、知らない間に、国民一人一人に背負わされてる借金って?何???

多くの人々が「成長」や「発展」を競って競って、競い合ってるけど、
「得」の背景には、きっと「失」がある。

開発が進んだ分だけ、自然は損なわれて行く。
経済活動の名の下に、
天下りの居場所を作るために?
雇用を生み出すために?
無駄な箱物をいくつも造ったり、流し込んだアスファルトを幾度も掘り起こしたり・・・
もう、目一杯なんじゃないの?成長神話の限界ってゆーか。

サイズは決まってる。一つのパイの分け前をみんなで争ってるだけ。
そうしたところで僕らは、地球サイズを超えて生きていくことは出来ないわけで。。


たった一回きりしかない短い生涯の中で、奪い合って生きるよりも、
共有して、分かち合えるコトを選んで生きてく方が、きっとイイはず。
そう思う。

(これって、敗者の論理ですか??)


これは、実は自分自身に対しても言い聞かせているコトです。
人の欲望は限りないから・・・自分も含めて強欲なニンゲンたちが、
ホントに、もう少しだけ「欲」や「エゴ」を捨てて、PUREになれたら・・・
世界はステキになるんだろうなぁ・・・


そういう気持ちって、大自然の中にいると思い起こされるよね。
海や山を目の前にしたときに湧き上がるあの気持ち。
・・・
でも、街に戻ると、忘れそうになるんだよな。
何でだろう? きっと街って代物は強欲なニンゲンたちが造り上げたものだからか?

・・・・分からん。
この世界には、まだまだ分からないことのほうが多い。



もう3月だというのに寒い!

そして、東日本大震災から、もうすぐで一年。。
[PR]

by oka-yoshi-music | 2012-02-29 20:59


<< Jukeウクレレサークル@岩倉...      非現実的な夢想家として 【村上... >>